遺伝的に発生するすそわきがと対処したい匂い

お手洗いに行った時に、お風呂で服を脱いだ時になんとなくあそこが臭う気がするという体験をした方も多いことでしょう。

生理中ならある程度は仕方ありませんが、普通の日に気になるようでしたら「すそわきが」かもしれません。

普段他人に見せる場所ではありませんが、女性の嗜みとして原因と対処法を知っておきましょう。

遺伝的に発生するすそわきがの原因

 

まず、すそわきがだけでなく、すべてのわきがは遺伝的に発生することが多い体質的なものです。

片親がわきがの場合は50%、両親ともにの場合は75%とも言われています。これはアポクリン汗腺という汗腺が関係しています。

メンデル遺伝の図

もともとは無臭の汗ですが、脂肪やアンモニア、尿素など匂いの素となる成分が含まれています。それが皮脂腺から分泌される脂肪酸と混ざり、肌の常在細菌に分解されることによって独特の臭いが発生してしまいます。

・食べ物の影響は?

すそわきが予防食事

 

また遺伝的に要因がなくても食事内容で臭いは変化します。口臭が気になるにんにくはすそわきがにも影響することがわかっていますし、肉や乳製品もNGです。

肉、乳製品は動物性たんぱく質や脂肪が多く含まれることが原因です。アポクリン汗腺からの汗に含まれる脂肪などの量が多くなり、また食べすぎで肥満体型になってしまうとアポクリン汗腺が活発に働くようになります

対処したいすそわきがの匂い

前述したとおり、すそわきがに悩んでいる方はまず食生活を見直してみてください。肉や乳製品を避け、魚や野菜を積極的に摂り、太り過ぎの方は適正体重を目指しましょう。また体調不良によって臭いが強くなる傾向もあります。そんな時は安静にしてゆっくり休めるようにしましょう。

デリケートゾーンを清潔にすることも重要です。細菌による分解が原因でもあるので、雑菌が繁殖しないようにしっかり泡立てて指の腹で丁寧に洗いましょう。特に汚れが溜まりやすい大陰唇、小陰唇の溝まで洗い残しがないようにしてください。

しかし洗いすぎたり洗浄力が強すぎる石鹸、ボディソープの使用はNGです。皮膚を守る働きがある常在菌まで洗い流してしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、また膣の中まで入ってしまうと内部にも雑菌が多くなってしまいます。逆効果になるので不安な場合はデリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。

同じく細菌の繁殖を防ぐために下着は通気性のよいものがお勧めです。湿気によって繁殖速度が速まるので汗をかいたら下着も取り替えるようにしましょう。

このように生活習慣と清潔を保つようにすればだんだん改善していくので試してみてください。

SNSでもご購読できます。