気になるデリケートゾーンのすそわきが対策

デリケートゾーンの臭いって気になりますよねいわゆる、すそわきが、と呼ばれているものだそうです。

すそわきがの臭いは自覚症状がある人も多いと思います。

何とか解消をさせたいけど、わきがとは違って、制汗剤を使って対処をするということもできません。
どうしたらようのか、分からずに悩み、コンプレックスに感じている人は多いと思います。

すそわきがの臭いを克服する方法

idji

すそわきがの臭いを克服する方法はいくつかあります。

まずデリケートゾーン専用のソープを使うこと。
一般的な石鹸やボディーソープでは刺激が強すぎるということがありますし、臭い対策まで考えられていません。だからこそ、専用のソープを使ったほうがよいのです。
そうすることによって、すそわきが独特の臭い対策も行うことができます。普段から使っているソープをデリケートゾーンだけ専用のソープにして使えばよいのです。通販でも購入をすることが出来るようになっているので、試してみるとよいでしょう。

オリモノシートを使う

普段からオリモノシートを使うという方法もあります。オリモノシートの中には微香性のものがありますし、すそわきがの原因となる雑菌をオリモノシートを交換することによって取り除くことが出来ます。
雑菌がショーツについたままになっていると、臭いの原因になってしまうのです。

オリモノシートを交換することによって、雑菌を取り除くことができます。自分が気に入る香りのものを選べるようになっているので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

雑菌をできるだけ繁殖させない

すそわきがの臭いの原因となる雑菌をできるだけ繁殖させないことも大事です。

VIOラインの脱毛を行うことによって、雑菌の繁殖も抑えることが出来るようになります。自分でVIOラインの除毛を行ってみるとよいでしょう。そうすることによって、ある程度の臭いを抑えることができます。

しかしVIOラインはお肌も柔らかくてデリケートということがあるため、できるだけ自己処理ではなくて、専門のサロンで施術を受けたほうがよいでしょう。ムダ毛を減らすことによって、雑菌が繁殖しにくくなるので、臭いもある程度抑えることが出来るようになります。

下着を通気性のよいものに変更をすることも効果的です。通気性がよくなると臭いが外に漏れてしまうのでは?と不安に思うかもしれませんが、すそわきがに蒸れは禁物です。通気性をよくすることもすそわきがには効果的です。

SNSでもご購読できます。