あそこのわきがの原因と日頃からできる予防法

すそわきがとはデリケートゾーンのわきがの臭いの事で、臭いの強さは脇と同じぐらい強いです。

すそわきがを放置してしまうと臭いが充満してしまう事もあるので周囲の人に迷惑をかけてしまいます。そのため職場の同僚や友人に距離を置かれてしまい孤独になってしまうという事もあるのでしっかりケアをしていく事が大切です。

すそわきがの原因は?

あそこのわきが

すそわきがの原因は脇と同様にアポクリン腺から出る汗によるものです。アポクリン腺から出る汗は皮脂などが混ざり合っていて酸化した状態なので強烈な臭いが発生してしまいます。

デリケートゾーンはムダ毛も生えていてすごく蒸れやすい環境にあるのでアポクリン腺から汗が大量に分泌してしまいます。特に生理中に出血やおりものが出た時などはさらに臭いが強くなってしまいます。

すそわきがのセルフチェックをするにはまず汗の臭いを確かめる事から始めます。それで臭いが強いなと感じたら今度は汗の質を確かめてベタベタしていないかを確認します。

汗に脂分が大量に含んでベタベタしていたらアポクリン腺から分泌されている汗だと考えられます。また下着の状態を確認する事も大切になってきます。

アポクリン腺から分泌される汗だと脂分が大量に含んでいるので黄色く濁っています。そのため下着が黄ばんでいた場合はアポクリン腺から分泌されている汗だと考えられるのですそわきがの可能性が高いです。

すそわきがチェックポイント

  • 汗に強い臭いがある
  • 汗がべたつく
  • 汗が黄色い

すそわきがを予防するために

バスタイム

すそわきがを予防するにはまずデリケートゾーンを常に清潔にしておく事でしょう。

もちろん毎日入浴してしっかり洗うという事が大切なのですが、刺激の強いボディソープよりデリケートゾーン専用の石鹸で洗うようにするといいでしょう。またデリケートゾーンを洗う時はナイロンタオルなど肌に刺激を与えてしまうものは使わないでなるべく手で優しく洗うようにしましょう。

市販のボディソープとは違ってデリケートゾーンへの使用を考えて作られているものなので、殺菌作用だけではなく「ニオイの軽減・黒ずみ」にも効果を発揮します。

引用 すそわきがの対策に効果的な3つのポイント

すそわきがの予防はデリケートゾーンを常に清潔にしておくとともに体質も改善していく必要があります。

食生活からすそわきがの予防を

すそわきが予防食事

特に肉類や揚げ物など脂質の多い食べ物ばかり食べているとアポクリン腺が活発になってしまい汗が大量に分泌されてしまいます。そのため脂質の多い食べ物はなるべく控えて野菜や魚を中心とした食生活に変えていく事が大切になってきます。

また少し太り気味だという人は皮下脂肪を落とすなどダイエットに取り組むといいでしょう。このようにすそわきがにならないような体質を作っていく事も予防になります。

デリケートゾーンの臭いは「アポクリン汗腺」がポイント

わたしは大学生のころ、デリケートゾーンの臭いに悩んでいました。下着を汚さないようにおりものシートを使い、お手洗いに行くたびにシートを取り換えていたのですが、運動して汗をかいたりすると臭いが気になってしまうのです。

身体から出る臭いというと、ワキから独特の臭いがする「わきが」がありますが、デリケートゾーンの場合は「すそわきが」ということもあるそうです。

臭いの原因は、「アポクリン汗腺」という汗腺から出る汗だといわれています。

idjio

この汗腺の数は遺伝するんだとか。さらに性行為で汗腺が刺激され、性行為のあとに臭いが強くなってしまうことがあると知り、わたしは不安に思いました。彼氏といっしょにいるときに、臭いがしてしまうのは避けたいと考え、自分でできる限りの対策をすることにしたのです。

肉類を控える

まず一つ目に、肉類を控えること。大学生のころは、よく友人と焼き肉を食べに行ったり、バーベキューをしていたのですが、肉類を食べると体臭がきつくなると聞いたことがあったので、なるべく野菜中心の食生活を心がけました。たしかに、よく肉を食べる友人は汗臭く、少食の友人は細くて汗から臭いもしなかったように思います。

デリケートゾーンを清潔にする

二つ目に、デリケートゾーンを清潔にすること。今思えば、これが一番大切だったように思います。いつもお風呂で洗っていましたが、お湯で流すだけだったので、低刺激のせっけんで洗うようにしました。

調べてみると、洗いすぎると膣内にいる菌が流されてしまい、かえって雑菌が増えてしまうようだったので、丁寧にやさしく洗うようにしていました。いつもせっけんはいい香りがするかどうか、だけで購入していたので、ドラッグストアやインターネットの口コミを見て、低刺激で人気のせっけんを購入しました。

これだけで効果が出るか疑問に思っていたわたしですが、2か月を過ぎるころには、臭いがほとんど気にならなくなりました。生理のときにはお手洗いでビデを使うようにして、とにかくデリケートゾーンを清潔に保つよう努力していました。

もちろん、今まで使っていたおりものシートも継続して使っています。今はおりものシートに香りがついているので、補充するたびに違う香りのものを購入し、気分転換しています。はじめはデリケートゾーンにせっけんを使って、炎症が起きないかヒヤヒヤしていました。ですが、比較的敏感肌のわたしでも、低刺激のせっけんを使い、丁寧に洗い流すことで炎症も起きませんでした。これからもケアを怠らないようにしたいと思います。

すそわきがの臭いがいつも気になっています。

すそわきがの臭いはいつも気になっています。
私の場合太っているからふくらはぎが大きくて下着がむれてしまうので臭いが強くなってしまいます。どんな時に気になるかというと運転するときに椅子に座った時ズボンの中心からにおいがポワンと鼻につきます。

そして歩いていてもかがんだ時や常ににおいがしているようなきがして人の近くにいることに抵抗があります。家族だったら何も気にしないのですが、他の人となると今もしかして変な臭いに気づいたかも臭いと思われたかもと被害妄想になってしまいます。

何度も洗うのですがすぐに体を動かすとにおうのでどうしようもないです。

おりものと、すそわきがの関係

dipjd

すそわきがの臭いの原因の一つにおりものに菌がつくことです。

私の場合は太っているのでおりものが下着で乾く前に汗も一緒についてしまい余計ににおいを悪化させてしまいます。疲れたときや睡眠不足になるとおりもの量が異常に多くて常に下着が湿った状態となり菌が繁殖している状態です。

そして出産してから尿漏れになることがあります。尿漏れパッドやおりものシートを使うことはありますが、外にでているとすぐにかえることができないのでそのままになってしまいます。

しかし尿漏れパッドおりものシートを使うだけでもにおいの軽減にはなります。困ることは下着の上にはいているズボンやスカートに臭いがついてしまうことです。洗濯機にいれて洗おうとポケットに何も入ってないことを確認しようと顔を使づけたら臭いがついていました。

原因のもう一つに病気ということもあります。性病や女性ならではの病気もあります。いろんなことをためしてそれでも臭いが強くて困っている場合は産婦人科にいったほうがいいです。

引き起こしている病気がにおいを発していることもあるので早く調べれば治すこともできます。手遅れにもなりません。すそがの臭いは恥ずかしくて相談できないことのほうが多いです。

私は妊娠してから産婦人科に初めていきましたが本当はもっと行くべきだといまだったら言えます。産婦人科には女性ならではの相談もできます。

独身の時は行きにくくて縁もないと思っていましたが、ぜひ縁がないと思っている人ほど行ってほしいと思います。どうしても行きたくないと思う人は市販薬でもいろいろでているのでお店で自分で探してみるのも一つの手だと思います。

気になるデリケートゾーンのすそわきが対策

デリケートゾーンの臭いって気になりますよねいわゆる、すそわきが、と呼ばれているものだそうです。

すそわきがの臭いは自覚症状がある人も多いと思います。

何とか解消をさせたいけど、わきがとは違って、制汗剤を使って対処をするということもできません。
どうしたらようのか、分からずに悩み、コンプレックスに感じている人は多いと思います。

すそわきがの臭いを克服する方法

idji

すそわきがの臭いを克服する方法はいくつかあります。

まずデリケートゾーン専用のソープを使うこと。
一般的な石鹸やボディーソープでは刺激が強すぎるということがありますし、臭い対策まで考えられていません。だからこそ、専用のソープを使ったほうがよいのです。
そうすることによって、すそわきが独特の臭い対策も行うことができます。普段から使っているソープをデリケートゾーンだけ専用のソープにして使えばよいのです。通販でも購入をすることが出来るようになっているので、試してみるとよいでしょう。

オリモノシートを使う

普段からオリモノシートを使うという方法もあります。オリモノシートの中には微香性のものがありますし、すそわきがの原因となる雑菌をオリモノシートを交換することによって取り除くことが出来ます。
雑菌がショーツについたままになっていると、臭いの原因になってしまうのです。

オリモノシートを交換することによって、雑菌を取り除くことができます。自分が気に入る香りのものを選べるようになっているので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

雑菌をできるだけ繁殖させない

すそわきがの臭いの原因となる雑菌をできるだけ繁殖させないことも大事です。

VIOラインの脱毛を行うことによって、雑菌の繁殖も抑えることが出来るようになります。自分でVIOラインの除毛を行ってみるとよいでしょう。そうすることによって、ある程度の臭いを抑えることができます。

しかしVIOラインはお肌も柔らかくてデリケートということがあるため、できるだけ自己処理ではなくて、専門のサロンで施術を受けたほうがよいでしょう。ムダ毛を減らすことによって、雑菌が繁殖しにくくなるので、臭いもある程度抑えることが出来るようになります。

下着を通気性のよいものに変更をすることも効果的です。通気性がよくなると臭いが外に漏れてしまうのでは?と不安に思うかもしれませんが、すそわきがに蒸れは禁物です。通気性をよくすることもすそわきがには効果的です。

男性の意見を聞いて気になりだした、すそわきがに臭い

綺麗になりたいという思いを誰しもお持ちなのではないでしょうか。
もちろん、私もその一人です。メイクを工夫したり髪の毛をアレンジしたり、
ファッションにも敏感でありたいと思い、雑誌やネットの情報もしっかりキャッチ
しているのですが、一番のコンプレックスは、デリケートゾーンの臭い!すそわきがなんです。

人はそれぞれ独特の体臭があります。だから、香水が重宝されますし、今では良い香りの柔軟剤なども豊富なので、女子力アップしやすいかと思います。

しかし、すそわきがの臭いって、意外と難しいんだなということに最近改めて気づかされたのです。
ことの始まりは、好きな人ができた時です。

ohdio

やはり、いつもよりももっと可愛くなりたいと思い、女子力アップについて勉強して自分磨きをしていました。その効果あってか、その人とお付き合いできたのです。
しかし、ネットで「女性のデリケートゾーンの臭いを気にする男性が多い」という記事を見つけ、読んでしまい、その時から気になりだしたのです。

今までは、全く気にしてなくて、おりものの量が多い時だけ、パンティーライナーをつけるようにしていました。自分では、臭いの少ない方だと思っていましたし、少し臭いがあっても、そのライナーに吸収されるから大丈夫だろうと思っていました。

その日から、私はシャワーする度に集中的にデリケートゾーンを丁寧に洗うようにしてみました。ボディーソープも良い香りのものに変え、すすぐ時も丁寧にしてみました。

すそわきがに逆効果になっていた洗いすぎ

dno

しかし、一時は臭いが取れたように思うのですが、またすぐに臭う気がして、何度もがっかりしました。

そこで、またネットで調べてみたら、デリケートゾーンは普通のボディーソープでは駄目だったんだと分かりました。普通のボディーソープでは、膣の中の汚れまで落とせないし、逆に臭いが出やすいと分かったのです。

逆効果なことをしていてショックでしたが、そこで初めてデリケートゾーン用の石けんがあることをしりました。やはり、普通の石けんより割高でしたが、一度試してみようと思い、近くのドラックストアで購入しました。レジでお会計するとき恥ずかしくてたまりませんでした。

しかし、使ってみて、その違いを実感できた時、本当に感動しました。スッキリと洗った感じがしましたし、きゅっとしまるような感覚があったのです。

また、何よりも臭いがほとんどしなくて、本当に買ってよかったなと思いました。もっと早くに実行していれば良かったです。